映画狂ひ帳
「危険な関係」



美しく、何故かラストコーションを観たくなった。

「ソドムの林檎〜ロトを殺した娘たち」



唸る情念。

「キルユアダーリン」



やってみたいと思う画があって
悔しかった。

「ブエノスアイレス」



「ハッピートゥギャザー」を聴くための映画。

「キリングシーズン2」



「告訴せず」



青島幸夫と江波杏子の色気たるや!

「女」



木下恵介の描く男は、女がみたい男像。女は醜くて鮮やかで格好いい。

「わが恋せし乙女」



よっこ、魔性すぎて愉快。

「幕末太陽傳」



華やかにベタ。
なのにハイセンスなエンタメ。
素晴らしい。

「ご法度」



澄んだ水に一滴の血が滴り変化するような物語。

「麦子さんと」



母という存在を認め取り戻す旅。




「乾いた花」



格好いいことを追求。
カーチェイスと賭場に痺れる。


「レディジョーカー」



ドラマ 「レディジョーカー」

映画な私 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
entry_bottom
映画メモ(。_。)φ
雑記。


「自分のことばかりで情けなくなるよ」




クリープパイプの世界観、好きです。

「さまよう刃」



画で魅せ続けるところに魅力を感じた。

「boys love」



俳優らの体当たりの芝居に好感。
この分野もっと掘り下げたい。


「キャビン」




斜め上いくホラー映画。
久々の衝撃。変態。

「あの日見た花の名前を僕達は知らない 劇場版」




テレビシリーズの総集編のようだった。
「クロニクル」




デハーンの魅力爆発。
突然、圧倒的な力を手にいれたらひとは傾いでしまうもんですね。

「キック・アス・ジャスティス・フォーエバー」




キック・アスの下品さはどうしても好きになれないなーなぜか。

「キリング デンマーク版シーズン1」




ここと勝負していく為に書いていきたい。


「永遠の0」




どうしても奥さんが、再婚するくだりで亡くなった夫をだしにしてる気がしてそこは違うと強く思う。
新しい夫にも亡くなった夫にも失礼。新しい夫と出逢えて、時間をかけて惹かれた、それで十分じゃないかと。亡くなった夫関係ないもん。

「アメリカンハッスル」



私はハッスルできなかった。
映画な私 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
entry_bottom
映画メモ(。_。)φ
ここ最近観た映画、アニメなど 1↓

「スペック結 漸ノ篇」




「凶悪」






「カノジョは嘘を愛しすぎてる」




「HK変態仮面」




「風立ちぬ」


「スペック 結 爻ノ編」




「魔法少女まどか☆マギカ」全12話。



「劇場版新編魔法少女まどか☆マギカ」



「あの日見た花の名前を僕達は知らない。」全12話。



「アイドルイズデッド」



「アイドルイズデッド ノンちゃんのプロバカンダ大戦争」





映画な私 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
entry_bottom
映画メモ(。_。)φ
「恋の渦」



男はバカで可愛い。
女は狡くて愛しい。

「どうしても触れたくない」



HAPPYEND なはずなのに
終わりの始まりを感じる
恋愛映画。
モヤモヤと鈍痛が広がる。
もう一度観たくなるのは、やはり私には終わりの始まりに見えるからだろう。

「ウルフオブウォールストリート」



ディカプリオはやはり素晴らしい俳優。そしてカリスマ。
ジャックニコルソンにしか見えないけど(笑)


「スノーピアサー」



RPG 、世界を創るバランス、仕組まれた反乱……社会風刺がエンタメされたポン・ジュノ作品。


「そして父になる」



親になること、子供と向き合うこと、血の絆、時間の絆。
頭でっかちな男が子供たちのお陰で本当の意味での父にさせてもらえる物語。

「私の男」



指をしゃぶりあう二人はお互い父と母を求めあっていたのかもしれない。血がそうさせるのか。男は女に支配されるものなんだなと改めて思った。子宮がそうさせるんだ。

「非金属の夜」



中田圭監督作品。
今であり、過去であり、未来の物語。その瞬間でしか創れない何かを感じて懐かしく思う。

「もらとりあむタマ子」



ご飯をこれだけ美味しくなさそうに食べる子は珍しい。憎めない子、愛しい父娘。ほっこりと優しい映画。



「渇き。」



過剰なほどの暴力と血。
狂えば狂うほど、空っぽで何もなくて、渇いて冷めていく映画だった。
私は、鉛を灼熱で溶かして胃に流し込んだような「告白」のほうが好きです。ようは私は、業という泥に溺れるのに慣れているだけ。

「超高速!参勤交代」



人の心が人を動かす。シンプルなプロットラインに好感かもてた。
役者さんたちがイキイキしていた。それにつきる。
映画な私 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
entry_bottom
映画メモ(。_。)φ 〜アナ雪解釈〜
最近、ずっとドラマ中心に

チェックしていたので

久々の映画メモ(。_。)φを。


「アナと雪の女王」



あの、思いっきりネタバレと主観的解釈を

ガシガシ書きますので

未見の方は気を付けてくださいね♪







いい?






多少入ってくる前情報くらいなもんだけで

観に行きました。

まーアナとエルサの最初の

「雪だるまつくろー」

とはしゃぐとこだけで

既にうるっとくる

あの手の描写に弱いんですけど。

アナもエルサも

魅力的なダブルヒロインでした。

特にエルサという特異なキャラが

居なかったら成立しないお話だし

更に13人の末っ子王子ハンスが

居なきゃ、アナとエルサの関係も

変わらなかったので

13という数字を纏うハンスは

重要人物なんだなーやはり。

と思うばかり。



一部では、この物語の

裏テーマは「トランスジェンダー」みたいな

ことだと解釈されている方もいますね。


エルサがトランスセクシャリティとして違和感を持ちながら生きていて、

それを隠したい両親。

そして引きこもり。

でも、両親が亡くなり、

自分の生き方を模索、

第三の性としての解放。

それが、

「Let it go」


という解釈。

なるほどとも思います。


私なりの解釈としては

「性」だけではないような気がしています。


ある一方の見方としての

ハンディキャップという「個性」
を持ちながら

生まれた子。

ある一方では「特別な才能」を持ち合わせた子。


それがエルサなのではないかなと。

でも、その「個性」は

時に自分でコントロールできず

アナを傷つけてしまう。

自分の「個性」を疎ましいものと

思って引きこもりながら

生きていた。

両親の死、自分の生き方の模索。

人に迷惑をかけず更に

心を凍らせ、人を避けて

引きこもる。



この「Let it go 」は

悲しく切ない偽りの

私は私の生き方するわ。

なんですよね。

本当はアナにも理解して欲しいし

皆に受け入れてほしい

誰よりも自分の「個性」を

愛したいんですよね、エルサは。

ま、なんなかんやアナとエルサに

ありまして(ザクッと割愛)

アナはエルサを命懸けで

助ける。

エルサはそこでやっと

こんなにも愛されていたことを

気づく。

アナにとっちゃ

「個性」のあるエルサでも

魔法を使わないエルサでも

エルサがエルサであればいい。

たったひとりのエルサが

大好きなんですよね。

エルサは、人と違う自分が

嫌いだし、これでいいもんとか

いいながら拗らせてるんだけど

アナに命懸けで愛を教えて貰える。

だから、こんな私でも愛されていいんだと

こんなにも愛してくれてたなんて

と涙する。

氷になったアナを溶かしながら

同時に凍らせていた自分を

溶かしていくんですよね。

ヒロインがヒロインを

救う形は新鮮でしたね。

愛という自信によって

エルサは「個性」を

コントロールできるようになる。



これはとても身近な家族の物語なんだなと

思ったわけです。

ま、ひとつ残念だったのは

ハンス王子らを

ザ、悪役にしないで

「赦す」という行為で

ハンスという

これまた自分の境遇に拗らせてる王子も

救ってあげることができたら

もっと素敵なエンディングだったかなー

と思うんですけど。

だって、人なんて

どの方向から見るかによって

悪にも善にもなるわけだし。

悪にも善にもなってしまう

不安定で脆い人間が

いとおしくめんどくさいなー

だから面白いくて憎らしい。

物語は尽きないわけですよねー。





さ、この歌カラオケの練習しよっと(笑)


小鶴
映画な私 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
entry_bottom
【お知らせ】映画「青鬼」脚本担当しました。
情報解禁されました。

映画「青鬼

脚本担当させて頂きました。

http://zakuzaku911.com/archives/4051571.html




映画「青鬼」公式ホームページ

http://aooni-movie.com/

7月5日 ヒューマントラストシネマ渋谷他ロードショー☆

とんでもないモンスターを描かせて頂きました。

楽しみにしていてくださいね。


また色々、小出しにエピソード書きたいと思います。


小鶴
映画な私 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
entry_bottom
映画メモ(。_。)φ
久々に映画メモ。

最近、映画館へ行けてない。
映画観たい、観たい、観たい。
明日午前中、打ち合わせ前にでも行けるか?




「ただの友達?」
韓国ゲイムービー。
監督と趣味があいます。
「愛は100℃」好きです。




「ふるさとがえり」

渋江譲二さん主演。
この街に行ってみたいなと思う映画でした。



「37歳で医者になった僕」

隠れた名作だと思います。




小鶴
映画な私 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
entry_bottom
映画メモ(。_。)φ6


「美男ですね 日本版」全話 27

今さらながら日本版を。
瀧本美織さんのキュートさが際立つ。そして今さら、アイドルの底力を知る。



リーガルハイSP 」28

倍がえす堺さんより、リーガル堺さんのほうが好き。
ひっくり返してくる脚本に痺れる。

木下恵介監督作品も観るぞ。

時間がない、は言い訳だから
時間を作るのだ。

小鶴

映画な私 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
entry_bottom
映画メモ(。_。)φ5


「ラブフィクション」22
ハジョンウ主演。
劇中歌のアラスカの歌が
最高にキュート☆



「新世紀エヴァンゲリヲン破」23

文句なしに面白かった。



「巨神兵東京に現わる」24

エヴァと巨神兵……嗚呼、素敵。
舞城のテキストも嫉妬。



「新世紀エヴァンゲリヲンQ」25

シンジ、ホントにダメな子だ。
カヲルくんは癒し。そして、姫が好き。乳メガネも好き。




「パシフィックリム」26
蟻の巣駆除と「幽☆遊☆白☆書」に
おける結界を思い出した。
見所はマコのたどたどしい日本語の背景。芦田プロの数カットなのに引き込まれる芝居。カイジューの哀愁漂う雰囲気。
映画な私 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
entry_bottom
映画メモ(。_。)φ4


「room 237」14
キューブリックの「シャイニング」
考察映画。ちなみに私の誕生日
42です(笑)



「TED」15

親友はゲスなぬいぐるみ。
彼女が美女。
奇跡が日常にある男の物語。




「クロユリ団地」16

黒ユリの花言葉は
「恋」「呪い」。




「恐怖と欲望」17

キューブリック初監督作品。




「アンチヴァイラル」18

ブランドンクローネンバーグ監督作品。デヴィッドクローネンバーグ監督のJr.変態が純粋遺伝されてる。けど、ブランドンのほうが小綺麗で金属やプラスティックな感じ。

「血煙高田馬場」19

大河内伝次郎主演。
活動写真弁士の坂元頼光さんの
芸を堪能!!




「喧嘩安兵衛」20

坂東妻三郎主演。こちらも
頼光さんの語りを鑑賞。



「昆虫カメラマンの復讐」21

スタレーヴィチ監督作品。
こちらも頼光さんの芸を堪能!!
まー昆虫のキュートさと相反して大人なドロドロな物語。1912年の作品かと思うと、もう…どこで勝負したらいいのか……。
頼光さんの芸は素晴らしい。

小鶴
映画な私 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
entry_bottom
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
  • 上陸
    小鶴 (03/19)
  • 上陸
    輝 (03/13)
  • 緊急アンケート!ツルツルかボサボサか!
    小鶴 (12/15)
  • 緊急アンケート!ツルツルかボサボサか!
    naggy (12/07)
  • 緊急アンケート!ツルツルかボサボサか!
    小鶴 (12/07)
  • 緊急アンケート!ツルツルかボサボサか!
    naggy (12/06)
  • 緊急アンケート!ツルツルかボサボサか!
    小鶴 (12/03)
  • 緊急アンケート!ツルツルかボサボサか!
    ハコビヤ (12/03)
  • 今、起きている人の中でいちばんしょうもない発表をします。
    naggy (08/01)
  • 今、起きている人の中でいちばんしょうもない発表をします。
    小鶴 (03/17)
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Room No36 (竹書房文庫)
Room No36 (竹書房文庫) (JUGEMレビュー »)
小鶴
2013年4月18日発売、小鶴著書。
第二弾です!!
RECOMMEND
魔法のiらんど原作 そして世界は全て変わる [DVD]
魔法のiらんど原作 そして世界は全て変わる [DVD] (JUGEMレビュー »)

小鶴脚本ドラマです。2013年2月9日ユナイテッドシネマ豊洲にて発売記念イベント上映!!
RECOMMEND
君は僕だ [Act 1]【アマゾン限定オリジナル特典生写真付き】
君は僕だ [Act 1]【アマゾン限定オリジナル特典生写真付き】 (JUGEMレビュー »)
前田敦子
脚本を手がけました。
監督は犬童一心監督。
RECOMMEND
カンガルーのマーチ
カンガルーのマーチ (JUGEMレビュー »)
河北新報社夕刊で2011年1月〜9月まで震災で中断したものの再開し連載した私の小説が講談社文庫にて発刊。
RECOMMEND
LOVE SONG(初回生産限定盤)(DVD付)
LOVE SONG(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
FUNKY MONKEY BABYS,FUNKY MONKEY BABYS,川村結花,Naoki-t,亀田誠治
「LOVE SONG」MVの脚本担当しました。犬童一心監督作品・出演:優香、丸山智己、永野芽郁、西山潤
RECOMMEND
FKB話 怪談実話 饗宴 (竹書房恐怖文庫)
FKB話 怪談実話 饗宴 (竹書房恐怖文庫) (JUGEMレビュー »)
平山夢明ほか
饗宴の末席につかせていただきました。よろしくどうぞ。
RECOMMEND
純情 [DVD]
純情 [DVD] (JUGEMレビュー »)

脚本:小林弘利/小鶴・原作:冨士山ひょうた・金田敬監督作品。
RECOMMEND
アザミ嬢のララバイ DVD-BOX
アザミ嬢のララバイ DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

犬童一心監督回の脚本を担当しました。
監督:犬童一心、手塚眞、麻生学、三島有紀子、登坂琢磨、宮武由衣
シリーズ構成:小林弘利
アートディレクター:名久井直子
撮影監督:高間賢治
テーマ曲:中島みゆき「アザミ嬢のララバイ」
RECOMMEND
白百合兄弟のハンサムな食卓 [DVD]
白百合兄弟のハンサムな食卓 [DVD] (JUGEMレビュー »)

小鶴が脚本を担当しております。
監督:深川栄洋
主演:桜田通 植原卓也
RECOMMEND
サイキン恋してる?(通常版)
サイキン恋してる?(通常版) (JUGEMレビュー »)

小鶴が脚本で参加しております。
RECOMMEND
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search